[UP DATE・99/11/10]

ml.gif r.gif  コートシーが二回目の英国ブッカー賞を受賞 mr.gif
  
 英国で最も重要な文学賞であるブッカー賞に、J・T・コートシー(J.T. Coetzee)の『Disgrace』が選ばれた。
 コートシーは83年にも『The Life and Time of Micael K.』で同賞を受賞している。ひとり作家のブッカー賞複数受賞は、賞の創設以来、初めてのこと。
 コートシーは南アフリカの白人作家。物語はケープタウン大学の文学教授が学生と関係を持ち、セクシャルハラスメント事件を引き起こすというもの。
 変わりゆく南アフリカの社会が描かれている。
ml.gif r.gif  『ニューヨーカー』誌の表紙を飾ったピカチュウ mr.gif
  
11_ny.jpg ポケモンのキャラクターであるピカチュウが、11月1日付の『ニューヨーカー』 誌の表紙を飾った。

 ハーロウィンの夜に、札束で溢れた袋を引きずって歩いている図柄で、スパイダー マンなどが、ピカチュウの後ろ姿を見送っている。
 今、米国で起こっているポケモンブームを一部のアメリカ人が、多少の皮肉と羨望 を持って見ている様子が伝わる。
 最近の『ニューヨーカー』誌の表紙は、社会性を持たせたものが目立つ。

ml.gif r.gif  11月8日号より始まった『タイム』誌初の連載小説 mr.gif
  
time 先週、この「出版界ニュース」で伝えた『タイム』誌初の連載小説は11月8日付の同誌に掲載された。

 2000年特別号の「Vison 21」号で掲載されたケーレブ・カーの小説のタイトル は『Killng Time』。副題として「Novel of the future」というタイトルが付いている。
 内容は2000年代初頭を舞台としたエンターテインメント小説になっている。
 『タイム』誌では今後も「Vison 21」特別号を発行する。小説はその「Vison 21」 特別号で5回にわたり連載される。 
 
(*先週の「出版界ニュース」で著者名をケイベル・カーと記載致しましたが、ケーレブ・カーの誤りでした。ここに訂正しお詫び致します)
ml.gif     mr.gif
┫ リストへ戻る ┣