[UP DATE・98/11/17]

ml.gif r.gif  バーンズ&ノーブルがイングラムを買収 mr.gif
 米国最大のチェーン書店と米国最大の書籍流通業者の合体
 
 米国で積極的なチェーン展開をみせ、現在最大規模のブックストアであるバーンズ&ノーブルが、 米国最大の書籍流通業者であるイングラム・ブックグループを買収することに合意した。

買収額は6億ドル(約732億円)。内容は2億ドル(約244億円)がキャシュで残り4億ドル(約488億円)分が バーンズ&ノーブルの株によって支払われるという。米国政府機関からの承認を得られれば、 来月にも正式にイングラム・ブックグループがバーンズ&ノーブルの子会社となる。 これにより、流通と販売が合体したスーパー企業が出現する。
一方、この大規模な合併は独禁法に觝触するという声もあり、合併に反対する勢力は米国政府機関に働きかける動きをみせている。

また、米国の書店のいくつかはイングラムへの注文がバーンズ&ノーブルの利益となるなら、 何かインセンティブがない限り、他の書籍流通業者に注文を移すことになるようだ。 (※1ドル=122円の計算)
ml.gif r.gif  『ニューズウィーク』誌に新編集長 mr.gif
 メジャー・ニュース週刊誌初の黒人編集長誕生
 
 10月に白血病で死亡した、メイナード・パーカー前編集長の後を継ぎ、 マーク・ウィテカー氏が『ニューズウィーク』誌の新編集長に就任した。
現在41歳。ウィテカー氏は大学在学中の1977年、『ニューズウィーク』誌のサンフランシスコ支局にインターンとして働き出した。 大学はハーバード大学を79年に卒業している。

『ニューヨーク・タイムズ』紙は、大手のニュース週刊誌で初の黒人編集長になると伝えた。 『ニューズウィーク』誌の米国での発行部数は約320万部。 ちなみに『タイム』誌は約410万部。『US ニュース&ワールド・レポート』誌は220万部となっている。
ml.gif r.gif  米国人気作家の収入は mr.gif
 スティーブン・キングは4000万ドル
 
 アメリカの人気作家はいったい年間でいくらぐらいの収入があるのだろうか。
今、最も売れ、映画の原作となる本を書く作家たちというと、スティーブン・キング、 ジョン・グリシャム、マイケル・クライトンなどだ。
以下、アメリカの人気作家の一年間の推定収入。
マイケル・クライトン 6500万ドル(約79億円)
スティーブン・キング 4000万ドル(約49億円)
ジョン・グリシャム 3600万ドル(約44億円)
トム・クランシー 3400万ドル(約41億5000万円)
 マイケル・クライトンとスティーブン・キングが1998年、ジョン・グリシャムとトム・クランシーは 97年の推定収入だ。(※1ドル=122円の計算)
ml.gif r.gif  ジェネレーションXが始めた雑誌 mr.gif
 人気雑誌『アイコン』の創設者は25歳
 
 1997年2月。新しいタイプの男性誌『アイコン』が創刊された。
今までの男性誌の題材であるファッションなどをテーマとせずに、リスクを負い成功した人々のプ ロフィール(特に内面的心理)を追った記事を主体にした雑誌だ。

創刊発行人はマサチューセッツ州出身、25歳のデイビッド・ゲットソン。 隔月発行で、最近、発行部数が15万部に達した。
ml.gif r.gif  今度はファッション界の小説 mr.gif
 80年代を賑わせたふたりの作家、ブレット・イーストン・エリスとジェイ・マキナニーが新刊を予定している。 エリスの方は『Glamorama』そしてマキナニーが『ModelBehavior』とどちらもファション界を舞台にした小説になる。 アルフレッド・A・クノッフ社から出版される予定。
ml.gif r.gif  捏造記事で続出で雑誌社の事実確認機能に新たな疑問 mr.gif
 リポーターとして活躍していたスティーブ・グラス(25歳)が寄稿した記事に捏造部分があることが発覚し、 雑誌の事実確認部門のあり方が見直されている。捏造記事を出版したのが、 『ザ・ニュー・リパブリック』、『ローリング・ストーン』、『ハーパーズ・マガジン』などの一流誌だっただけに問題が広がった。 通常、雑誌社は寄稿された記事の事実確認をする部門を設け、確認をおこなっているが、ライターを信用して、 確認をしないまま出版してしまったようだ。
 今後、雑誌社の事実確認機能が見直されるのは間違いないだろう。
ml.gif     mr.gif
┫ リストへ戻る ┣