[UP DATE・99/09/21]

ml.gif r.gif  最近のアメリカ雑誌事情が分かる記事 mr.gif
  
 9月20日付の『ニューヨーク・マガジン』誌は、『ヴォーグ』誌の編集長であるアナ・ウィントァーが表紙を飾っている。
 本誌には8ページに渡る彼女の記事が載っている。ウィントァーの不倫事件なども書かれているが、コンデ・ナストのS・I・ニューハウスとの関係や、エデトリアル・デレクターであるジェームス・トゥルーマンとの関係など、コンデ・ナストの内情も分かる(『ヴォーグ』誌はコンデ・ナストより発行されている)。

 また、ウィントァーの腹心であったキャサリン・ベッツが最近、『ヴォーグ』誌のライバルである『ハーパーズ・バザー』誌の編集長に就任したが、そのキャサリン・ベッツが『ヴォーグ』編集部でどう働いていたか、またベッツとウィントァ−の決別の話なども書かれてある。また、コンデ・ナストがフェアチャイルドを買収しことにも触れている。

 11年間『ヴォーグ』誌の編集長を務めてきたウィントァ−や、アメリカの雑誌事情に興味のある人には大変面白い。
ml.gif r.gif  『ニューヨーク・タイムズ』紙の歴史に興味がある人に mr.gif
  
 1869年にドイツからの移民であったアドルフ・オックス(Adolph Ochs)が、瀕死の状態だった『ニューヨーク・タイムズ』紙を買ってから現在まで、同紙は4世代に渡り同族者が発行人となっている。
 この家族に焦点を当てたノンフィクション作品『The Trust: The Private and Powerful Family Behind The New York Times』が出版された。

 一族がいかにこの新聞を守ってきたか、またいかに『ニューヨーク・タイムズ』紙を一流の新聞に作りかえたかなど、時には生々しい人間関係も交え読むことが出来る。
 本のページ数は約800ページ、完成までに約7年の時間をかけている。
ml.gif r.gif  MP3フォーマットを使い作家の朗読をインターネットで mr.gif
  
 インターネット上でデジタル音声で音を流す「MP3」というフォーマットがある。

 このMP3を使い、作家の朗読した音声を流すサービスが始まった。
 このサイトは「MP3Lit.com」という名称だ(サイトアドレスも同様http://MP3Lit. com)。
 このサービスはすでにA・M・ホームズ、ジョナサン・リーサムなど60人を超え る作家が活用している。

 作家の朗読時間は約3分間。この音声をダウンロードすることもサイト上で聞くこ とも可能だ。  
ml.gif     mr.gif
┫ リストへ戻る ┣