TOP
 出版業界ニュースアメリカンブックジャムご注文
 ABJライターの本NY編集室での独り言読者からのお便りLINKMy Friend
トップページアメリカンブックジャムご紹介

ABJ・1 ABJ・2 ABJ・3
ABJ・4
ABJ・5
ABJ・6
ABJ・7 ABJ・8 ABJ・9 ABJ・10 ABJ・11 ABJ・special

最新刊のご案内次号のご案内ご注文はこちら

Back Number
AMERICAN BOOK JAM
2000 Summer・08

ABJ/08

ロサンゼルスの現代文学事情

●「ハリウッドの影を超える、その日まで」
 ロサンゼルス地域に根ざした独自の文化活動をおこなうビヨンド・バロックのディレクター、
 フレッド・デューウィーに現在のLA文学状況をインタビュー。
●―LAノワール・ジャーナル―「The Big Awake」
 『On the Bus』誌発行人のジャック・グレープス氏がノワール文学について執筆。
  フィリップ・マーロウを気取ったハードボイルドな作品。
●作家インタビュー:ヒューバート・セルビー・ジュニア
 『Last Exit to Brooklyn』、『Room』の著者として知られるヒューバート・セルビー・ジュニアが、
 作家になったきっかけやロサンゼルスへの思いなどを、これまでの人生を振り返りながら語る。
●「Hanging With The L.A. Writers: Cafes for The Literary」
 LAの作家やライターたちは、どんなカフェに集まるのか。
 現在のLAのカフェ事情をチーワン・チョイがレポート。
●「ロサンゼルスの作家たち」 現在注目を浴びている10人のLA作家を紹介。 
●Short Story 複雑な家族関係を描いたヒューバート・セルビー・ジュニアの短編、
  『A Little Respect(愛しのわが家)』の翻訳を掲載。
●Book Bag LA文学から選り抜きの8冊を紹介

●Like A Rolling Stone Series #8
  「ライターズ・スタディファイル」  
デニス・クーパー  インタビュー&文=宮家あゆみ
  ゲイ・セックスと暴力に魅了された少年たちの小説を発表し続ける作家デニス・クーパー。
新作『Period』を中心に執筆活動について聞く。
●Insiders
  「リテラリー・エージェントの仕事」
アイラ・シルバーバーグ インタビュー&文=角村隆
 
●【連載】A Story of the Last Hipster
  「ハーバート・ハンキー物語」最終回 文=島田武人
今は亡き作家、ハーバート・ハンキーと4年間の共同生活を送った経験持つ島田武人の回想録。ハンキーとの生活を通 じて見たニューヨークの街も紹介。
●【連載】写真をとおしてリアルなアメリカを覗く
  American Studies #8 文=駒沢敏器
『PEANUTS』の作者チャーリー・シュルツを悼み、筆者が綴るチャーリー・ブラウンへの想い
●Book Review
. 『Bridget Jones: Edge of Reason』
へレン・フィールディング著  文=角村隆
2. 『Pastralia』
ジョージ・サウンダース著  文=新元良一
3. 『The Last Victim』
ジェイソン・モス著 文=安川いづみ
4. 『The Vagina Monologues』
イヴ・エンズラー著  文=梅沢葉子
5. 『Sacred Bond』
キース・マイケル・ブラウン著  文=小畑澄子
6. 『The Edge of Diminished Expectations』
ポール・R・クルーグマン  文=滝沢千陽
7. 『Gone』
レナータ・アドラー著  文=大原ケイ
8. 『Bookstore』
リン・ティルマン著  文=宮家あゆみ
●【連載】BLT New York Cut/Book & Literary Talk #5
  「小説の力」―ティム・オブライエン― 文=新元良一
●ZINE bits & pieces
  アメリカ&日本のジン製作者を紹介
●その他(ブック&ストア・ラバーズ・ガイド、レターズ、
 フロム・エディターズ、ABJ Crewほか)
 
 
 
 
 
 
 
 
Back Up Publishing New York

1 Minetta St., Suite 4D
New York, NY 10012
backup.interport@rcn.com
Back Up Publishing Tokyo

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-60
青木ビル5F
americanbookjam@gmail.com